2006年05月25日

「ミンキーモモの歌」は替え歌だった!

 ジェニーはティーン☆ロボット8話B「どうしよう!あたしドロップアウト?の巻」冒頭でブラッドが「ミンキーモモの歌」を歌っているということは前から何度も書きました
 しかも、本国アメリカでは、8話Bばかりでなく、第三シリーズの頭に当たる1時間スペシャル番組「Escape from Clustar Prime」でもブラッドはこの「ミンキーモモの歌」を歌っています。
 日本未放映ということで詳しくは書きませんが、8話Bでのジェニーさんの感想と同じく、そこでもやはり「うるさい歌」としての属性を与えられているようです。
 今回は、その後の調査と研究(?)により、かの「ミンキーモモの歌」の詳細が分かりましたので、ご報告いたします。

 まず、一度聞いて分かるのは、メロディが日本で作られたどの主題歌・BGMのものとも違うということです。
 これで、初めの頃思っていた様な、日本のミンキーモモで流れた歌の英訳または替え歌という線は無くなりました。
 次に、歌詞について見てみます。
 訳された日本語版も、私の非常にpoorなリスニング力では十分には聞き取れない英語版のどちらも、ミンキーモモを連呼していて、モモを恋愛の対象としてみる男性の歌になっているのは間違いないようです。
 従って、これも日本のミンキーモモの主題歌・挿入歌等には対応する歌詞を見出すことは出来ません。
 では英語版のミンキーモモではどうか、ということになりますが、「夢の中の輪舞」の英語版にある曲・詞とも全く違いますし、英語版のTVシリーズがどんなOP/EDだったかは不幸にして知らないのですが、これも内容から言って、とても合っているものがあるとは思えません。
 "Minky Momo"という言葉以外、この「ミンキーモモの歌」と「魔法のプリンセスミンキーモモ」に繋がりは無い様に思えます。
 大体、英語版の「夢の中の輪舞」のタイトルを見ても分かる様に、英語圏(というかインド・ヨーロッパ語族圏)では、向こうの代理店ハーモニーゴールドの方針で、"Minky Momo"というキャラクター名は使用せず、"Gigi"と名付けられていますので、「ミンキーモモの歌」を"Magical Princess Gigi"の線で探る事自体に無理があるのかもしれません。
 因みに、「ジェニーはティーン☆ロボット」のオリジナルスタッフは、結構日本と日本のアニメに造詣が深そうですから、"Minky Momo"という言葉を知っている事自体はさほど難しい話では無いと思います。

 でまあ、これは正攻法で攻めるしかないという事で、歌詞を分析しようとしたのですが、如何せん、先程書いた通り、私のリスニング力ではさっぱりです。
 そうこうしているうちに、ある場所で、英語の出来る人に「ミンキーモモの歌」を聞いて貰える機会が訪れました。
 少しでも聞き取って貰って、デクテーションにより無理矢理でもテキストにして、その内容から解明しようと思ったのです。
 しかしその彼でも、なかなか一度では聞き取れず、何回も何回も再生していたら、別の人が割って入ってきました。
 「さっきから何を何度もキンクスのプレッシャー流してんの?」

 これで色んな状況が一気に進みました。
 Tower Recordの試聴ページで冒頭部ながら楽曲の一部を聞きました。
 肝心のサビの部分まで視聴できないのが残念ですが、一応合っている部分はありそうです。
 更に歌詞が出ているサイトで歌詞を確認。後半1/3位が歌詞も一致している箇所がある様です。
 これならブラッドの「ミンキーモモの歌」は、The Kinksの"Pressure"の替え歌にほぼ間違いないだろう、という事になりました。
 その日のうちにPressureが収録されたアルバム、Low Budgetを購入、晴れてサビの部分も一致することを確認しました。
 歌詞についても、替え歌ならば元歌に一致する部分があるに違いないと思い、また「和訳が直訳」という情報も鑑みて、両方を参考にしながら、歌詞のテキスト化をなんとか終了しました。
 これでもまだ終わりから二行目などの様に、SEと重なって聞き取りにくいところは自分でも怪しいと思っていますし、一応これかなと思ったところも実は全然違うのかも知れませんが、全体の雰囲気としては、まあこんなところではないかと。
 そのうち「Escape from Clustar Prime」が日本で放送されるか、誰かがYouTube辺りに歌の部分をアップしてくれるのを待つしかないでしょう。
 よく分かっておられる方がいらっしゃいましたら、間違いと正解をコメントしていただけると幸いです。
Pressure by The Kinksキンクスのプレッシャー(の後半部)"Low Budget"ライナーより
Pressure pressure I got pressureプレッシャー、プレッシャー、こいつは堪らない
oh yeah. oh yeah. oh yeahoh yeah. oh yeah. oh yeah
Pressure pressure feel the pressureプレッシャー、プレッシャー、プレッシャーを感じるんだ
  
You got the pressure and that’s a fact君もプレッシャーを感じてるんだろう、本当は
I can tell by the way you actその立ち居振る舞いで僕にも分かるよ
And I can tell that you’re pressurised君のその目つきを見れば
By the look that’s in your eyes君がプレッシャーで潰されかかってるって分かるよ
I know the pressure ’cos I’ve got it too僕もプレッシャーを感じてるからそれが分かるんだ
So I know what you’re going throughだから、君が感じてるその苦しみは僕にも分かるよ
But I forget the pressureだけど、そんな僕でもプレッシャーを忘れられる時がある
Whenever I am close to youそれは君と一緒にいる時なんだ

Minky Momo’s song by Bradブラッドのミンキーモモの歌
Ah, Minky Minky Minky Minkyあ、ミンキーミンキーミンキーミンキー
Minky Minky Momoミンキーミンキーモモ
  
The Minky Momo with an attitudeミンキーモモを態度で表そう
The Minky Momo with a mellow moodミンキーモモいつも笑顔で
You Momo when you take a lemonadeレモネード飲むときモモ
You Momo soak in marmaladeマーマレードつけるときモモ
I know you Minky ’cas I Momo too君はミンキーだろう僕はモモだから
So I know what you’re going through君のつらい気持ちはよく分かる
But she's not more Momoでも僕がそばにいる時は
Whenever I get close to youもうモモじゃないんだよ〜

 歌詞のうち赤い単語はPressureと共通と思われる部分です。

 それにしても改めて思うのは、21世紀の米アニメの1エピソードの冒頭の歌に、1982年の日本のアニメキャラの名前を、イギリスのロックバンドが1979年に出したアルバムの中の曲に載せて出すって一体どういう感性・経緯があったんでしょう。
 Pressureは、それが収録されたアルバムLow Budgetの中では一番「うるさい歌」ではあるのですが、それ以上の必然性は私には分かりません。
 津々興味です。
 ここのコメントで、土地神さん が、TV.com にある、My Life as a Teenage Robotの8話b"I Was a Preschool Dropout"に関するデータがアップされているページ を教えてくださいました。
 そこには、officialではないとは言え、nativeの聞き取りによる、"Minky Momo's song"のtextがあります。
 nativeが聞き取ったのならそれで歌詞の問題は解決だ、と軽く考えておりましたが、よくよくそのtextを見てみますと、英語が、中でもリスニングが駄目な私から見ても首肯しかねる内容が見受けられます。
 いきなり2・3行目がそうで、TV.comでは"is"と書いてあるところですが、これはどうしようもなく"with"と聞こえます。
 どうも動詞が無い、日本語で言えば体言止めの状態が、投稿者にとっては座りが悪く、無理矢理にでも動詞を入れたいという感じさえ受けます。
 ということで、nativeの聞き取りを無反省に信ぜず、その積もりになればそう聞こえるなと思えるものだけを取り入れて、現状で一番近いと思われる歌詞を書き出してみました。

A-Minky-Minky-Minky-Minky-Minky-Minky-Minky-Minky-MOMO!
The Minky Momo with an attitude
The Minky Momo with a mellow mood
You're Momo when you're drinkin' lemonade
You're Momo soakin' in a marinade
I know you're Minky, 'cause I'm Momo, too
So I know what you're goin' through
But there's no mo' Momo
whenever I ... get ... close ... to ... you!

 まあ、こんなところですかねえ。
 尚、"Escape from Cluster Prime"での"Minky Momo's song"はどうなのだろうと思っていましたが、TV.comの"Escape from Cluster Prime"のページに拠ると、
The Mickey Momo song is sung by Brad and Tuck when they try to escape "jail."

Mickey Momo is an attitude
Mickey Momo is a mellow mood
O Mickey Momo

とのみありました。
 まあ"Mickey"というのは愛嬌としても、3行しか書かれていないのは、書き取りをここで止めたというよりも、歌がここで終わっていると考えた方が自然ではないでしょうか。
 歌ったときに、見張りに「うるさい!」とか言われるそうですので、途中で終わるのも自然です。

 やはり、本当のところは、制作者に直接訊くしか無いのでしょう。

 更に追記です。
 あのYouTubeに問題の部分をアップしてくれた人がおられまして、ここに張り付けることが出来るようになっています。

 ↑に窓が開いて見ることが出来るはずですが、如何でしょうか。
 見えていますか?
 ファイルは5分近くありますが、ミンキーモモの歌はほぼ冒頭から40秒足らずで終わってしまいますので、お聞きのがしなく。
posted by 桃杖海姫 at 01:12| 石川 ☔| Comment(5) | TrackBack(2) | TV・ラジオ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうもはじめまして。
スカポン太さんのブログでこの替え歌にコメントを入れたものです。記事を拝読いたしましたので、微力なりともお手伝いできましたらとおじゃまいたしました。ただ逆効果にならなければいいんですが。
早速ですが、bradの替え歌の歌詞なんですが、はじめにいいますと、わたしも歌の聞き取りには、自身がありません。(ちょっとまえに「タモリ倶楽部」という番組の「空耳アワー」にマーティ・フリードマンというギタリストがゲストで出演したとき、アメリカ人はこまかい歌詞にこだわらないし、何歌ってるかなんて適当で歌詞をわりといいかげんに聞いているよ、とか言っていたので、日本人に聞き取れなくてもしょうがないか、と)
1節目と2節目はわたしにも同じに聞こえます
ただ3節目4節目はわたしには
you momo when you drink a marmalade
you momo soak in a marinade
って聞こえるんです。マーマレイドは飲まないし、マリネには浸からないだろう(ヒアリング、この程度なんです)意味が通じないのでなんだこれ?って思ってました。さらに本当をいうとmarmaladeのlの音もnに聞こえてしまって。でも辞書引いてもmarmanadeなんて単語はありませんし、ますますわけのわからないことに。
でも、レモネードにマーマレードなら意味が通じますね。どうもわたしはlがm,nに聞こえてしまうのかな。
5節目も同じ、6節目は原曲のまま
7節目はbutのあと主語があるあたりがやはりききとれませんでしたが、(なるほど、she'sでしょうねきっと)そのあとはno more momoと聞こえました。で、whenever i get close to youですね。
上記のように聞こえていたので、モモは陽気でちょっと変な女の子、やりたいことはわかるけど、僕がそばにいるからもうやめなよ、っていう歌なのかと思ってました。
なんだか、あまりお役には立てそうもありませんね。すいません。
いつか正確な歌詞が解読(解聴?)できますように、がんばってください(わたしも知りたくなりました)。それでは失礼いたします。
Posted by ushi at 2006年05月26日 23:15
こんにちは。TV.comを探ったら歌詞が出てきました。といってもこれもWikipedeiaのようにユーザーが書き込むタイプのデータベースなので完全ではないかもしれませんが…。ここにあります。

http://www.tv.com/my-life-as-a-teenage-robot/sibling-tsunami---i-was-a-preschool-dropout/episode/275402/summary.html

ushiさんのお聞きになったようにどうも「marinade」のようですね。番組ではあまりにも翻訳不能で「レモネード」にした…のかもしれません。
この歌の疑問についてはスタッフに聞いてみようと思ってます。何か分かりましたらすぐお知らせしますね。
Posted by 土地神 at 2006年05月27日 04:53
>ushiさん
 コメントありがとうございます。
 タモリ倶楽部の空耳アワーのアワードでMEGADETHのギタリストだったマーティ・フリードマンがそう言っていたのは私も見ておりまして、「そんないい加減なんかよ〜」とか思ったのを思い出しました。
 歌詞についても御意見ありがとうございます。御意見を参考に聞き直し・練り直そうとしていましたら、土地神さんの新情報が飛び込んで来ました。

>土地神さん
 これは貴重なデータをどうも。
 早速リンク先を見させていただきましたが、これが英語ばっかり(当たり前)、初めは歌詞が何処にあるのかさえ私には分からず、右往左往。
 で、やっと見付けてみると、1行毎に改行されていないじゃないですか。
 よくこんなの見付けましたね。
 仰るように、officialという訳では無いのでしょうが、nativeの聞き取りならば、少なくとも現時点で望める最も完全に近いものと言えるでしょう。
 これから細部をゆっくり見せて頂きますが、ざっくり言えば、大きな意味の違いをもたらす物ではないようです。
 marinade→マーマレードについても、こういう翻訳のときは、分かっていてもわざと日本人に分かりやすい単語に換えるのは常套手段で、歌に載せなきゃいけない歌詞なら尚更です。
 他の部分を考えても、翻訳の方は結構考えて訳しているのではないかと思っています。
 TV.comに戻って、下の方の「Allusions」でMINKY MOMOの解説をしていますが、設定の元ネタの桃太郎にそのほとんどを割いているところがなんとも。(笑)
>スタッフに聞いてみよう
 それが出来れば最高ですよ。申し訳ありませんが、よろしくお願いします。
Posted by 桃杖海姫 at 2006年05月27日 06:47
こんばんわ!
替え歌の話題にわりこんでしまいますが、
先日の「ぷにケ13」にて、
「Halcion Tripper」というサークルさんが
モモの本を出してたので1部確保しときました。
今度お会いするときにお渡ししますねー。
Posted by わくたに at 2006年05月29日 22:53
>わくたにさん
 おほー、モモの本が出てましたか!
http://www.puniket.com/pk13-lst.html
 ↑でジャンルを「ミンキーモモ」と言っているそのサークルが気になってはいたんですよね…。
 確保、ありがとうございます。
 次にお会いできるのは、多分夏コミになるでしょう。
 8月11日(金)東F-21bに来てください!
Posted by 桃杖海姫 at 2006年05月31日 00:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

MLaaTRの「ミンキーモモの歌」
Excerpt: 「ミンキーモモの歌」は替え歌だった! ジェニーはティーン☆ロボット#8b「どうしよう!あたしドロップアウト?の巻(I Was a Preschool Dropout)」でブラッドが歌っていた謎の..
Weblog: ReadMe!Girls!の日記・雑記
Tracked: 2006-05-25 20:19

[ティーンロボット]「ミンキーモモの歌」の正体
Excerpt: もものふの記−桃杖海姫のミンキーモモ雑記− 「ミンキーモモの歌」は替え歌だった! http://minkymomo.seesaa.net/article/18333963.html 我々MLaaTR..
Weblog: ジェニーはティーン☆ロボット ファンブログ U.S.S.LazyArk ver.XJ9
Tracked: 2006-05-27 04:42